Kyoto Science Sequence (KSS)

2016年度11月祭に出店!

2016.11.19-22.
11月19日-22日に開催された11月祭 (NF) において、展示企画「博士のたまごとサイエンスあれこれ」を出展しました。第2回となる今年は「等身大の大学院生を伝える」をテーマに、以下のような展示を行いました。
  • 大学院の制度や院生の生活・仕事にスポットを当てた展示
  • 研究と自身との関わりにスポットを当てた、大学院生によるミニ講演
  • 実験・調査作業を実際に体験できる体験型展示
  • 実際の「大学院生」の展示
  • KSSの主な活動の1つである、大学院生の研究を紹介したリーフレット展示
家族連れからご年配の方まで昨年度を上回る280名超の方にご来場いただきました。中には現役大学院生の方もいらっしゃり、今年のKSSだけではフォローしきれなかった分野の研究室事情を伺えたのは今後の企画につながる良い経験でした。 ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!本企画によって、皆様の大学院生に対するイメージが深まれば幸いです。また、来年度の出展も計画中です。11月祭にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

* クイズの解答はこちらから。

【来場された方の声】

  • 院生って思ったより楽しそうでした。私も院生になりたいです!!
  • むつかしいことを勉強してはるんやなあ~
  • すごいカッコいい!
  • 博士課程の人数が意外と多かったのが印象的でした。
    M1
  • 教員に頼りきりではなく自立しているのだな、と感じました。
  • 一人一人にちがいますね!