Kyoto Science Sequence (KSS)

宇宙ユニットシンポジウムに参加

2015. 1. 10.
Kyoto Science Sequenceは、1月10日に京都大学で開催された 「宇宙ユニットシンポジウム: 宇宙にひろがる人類文明の未来2015」において、我々の活動を報告するポスター発表を行いました。ポスター発表を通して、大学院生とは一体どんな人々なのか、そして、研究人生のうち、どのステップにいるのかを紹介しました。また、普段触れ合うことのない大学院生の研究活動を紹介するリーフレットも同時に配布し、我々が作製しているリーフレットが京都大学博物館や時計台にて配布されていることも多くのみなさんに知っていただけたと感じています。今回のシンポジウムの性質上、宇宙に興味のある参加者が非常に多く、宇宙・天文関連のリーフレットが非常に人気がありました。用意していたリーフレット計100部はほぼすべて、興味を持っていただいたみなさんの手に渡って行きました。このような場所を提供していただいた宇宙ユニットシンポ開催者のみなさまに感謝致します。

【参加された方からの感想】

  • リーフレットの絵がかわいい。
  • 大学院生をそもそも知らない人が多いから、口だけでなくポスターでは学部生との違いからもっと丁寧に解説したほうがよい。
  • 理学研究科にそのような取り組み (広報) があるのは知らなかった。
  • 将来京大で宇宙を学んでみたい。